(基本情報)

国 名

エルサルバドル共和国Republic of El Salvador

国コード;

プロフィル;

中南米で最も小さな国。
中米で唯一カリブ海に面していない国。
93年までは内戦を繰り返していた国。
94年以降は政情も安定し,観光客誘致の一生懸命に成り,マヤ遺跡の修復も行われている。
中米の中では最も勤勉で,中米の日本と称されることもある。
1400年前突然の噴火で灰の下に埋もれたマヤの民家は”中米のボンベイ“と呼ばれている。

国のシンボル

国 土;

南部の低地を除き大部分が高原状。
環太平洋火山帯にあるため大地震がしばしば発生している。

人 口

676万人(2004年)  人口密度は中米第1

政治体制

民 族

メスティソ(スペイン系白人・インディオの混血)85%,ヨーロッパ系10%,先住民

言 語

スペイン語(公用語)

宗 教

カトリック70%,エバンヘリコと呼ばれる福音派プロテスタント30%(年々増加している)