ハンガリー

ブダペスト Budapest

アクセス

市内交通

ブダペストはロンドンに次いで世界2番目、ヨーロッパ大陸では初めて地下鉄を開業した街。現在では3つの路線がある。バス、トロリーバス、トラム、登山電車などもあり、観光の足として利便性が高い。ホテルの所在地によっては、中心地への移動手段として使える。

現地市内観光ツアー

編集中

ブダペスト市内の橋

ブダとペストをつなぐ橋は9つ。
(上流から)

主なみどころ

ブダ地区

ペスト地区

リスト・フェレンツ記念博物館 Liszt Ferenc Emlekmuzeum

ハンガリーで音楽の父と呼ばれる作曲家かつピアニストでもあるリストが住んでいた家で、かつてはここで音楽学校も開いていた。現在は博物館として公開されており、彼が実際に使ったピアノや家具などが展示される。

コダーイ・ゾルターン記念博物館 Kodaly Zoltan Emlekmuzeum~

音楽による教育方法を開発し世界に広めた作曲家、コダーイの住居(アパートの1室)を博物館として公開。彼が各地の民謡を収集するのに使った機材や、譜面、家具などが展示されている。

バルトーク・ベーラ記念館 Bartok Bela Emlekhaz~

静かなヤーノシュ山に位置する。民族音楽を研究し20世紀の音楽の礎を築いた作曲家、バルトークの住まいが記念館として公開されている。自筆の譜面などが展示されるほか、小ホールではコンサートが行われることもある。

中央市場 Nagyvasarcsarnok~

ジョルナイのタイルで装飾された美しい建物は必見。内部は生鮮食料品店が並ぶ市民の台所。2階のみやげショップは品揃えが充実している。

バルーン・クラブ Ballon Klub~

国鉄西駅に隣接したウエストエンド・ショッピングセンターの屋上にあるアトラクション。150m上空からブダペストを見渡せる。

マルギット島 Margitsziget~

ドナウ川に浮かぶ島で全体が公園になっている。13世紀のハンガリー王ベーラ4世の娘マルギットの名から付けられた。18世紀にハプスブルグ家により公園として整備される。島内の源泉を利用した温泉ホテルやプールがあるほか大噴水の広場などがあり、地元の人たちの憩いの場となっている。

芸術宮殿;

ブダペストの温泉

ハンガリーには温泉が数多くある。特にブダペストには100を超える数の源泉、約50の浴場施設がある。およそ2000年前、古代ローマ人がブダペストを征服後に温泉浴場を造って以来、社交場として現在に至っている。温泉は大きく2種類あり、宿泊施設に付設して一般に公開しているものと、温泉のみの施設とに分けられる。
旅行者でも温泉を気軽に楽しむことができるが、日本の温泉とは少し事情が違う部分もあるので注意。温泉プールやホテルの温泉では水着や水泳帽着用で入る、湯温は平均で35℃とぬるめ、曜日により男女の入浴日が変わる、など。また、温泉は本来療養のための施設とされているので、治療設備が整っており医師が常駐するところもある。また、多くの温泉ではマッサージやエステが受けられる。
以下は市内の主な温泉施設。

近郊

ゲデッレー(グドゥルー) Godollo

フンガロリング

モジョロード郊外
F気離魯鵐リーGP開催地