モルディブ

ニヤヴィヤニ環礁 Gnaviyani Atoll

(フアムラ島 Fuamulah Atoll)
実際には一つの島だけの赤道直下の孤島。

データ

アクセス

マーレからガーフダール環礁の力ーデイツドゥー島とスイーヌ環礁のガン島の空港ヘアイランド・アビエーションが定期便を運航している。
そこから船でアクセスする。

フアムラ島

長さ約6キロ、幅3キロでモルディブ最大の島。
この島の土地や植物は他の島と全く違っている。
肥沃な土地にはマンゴー、パパイヤ、ライム、バナナ、オレンジ、パイナップルがよく育っている。
タロイモが豊富に栽培ざれ、最近まで島の特産物だった。
島内には古代の遺跡が存在する。
レディンゲ・フニという、高ぎ20m、円周75mの塚がある。
1922年にこの島を訪れたH.C.Pベルは四角い壇の上には仏舎利塔をあったという。
ダンディマグのケデラモスクの近くには古代彫刻を施した儀式用の浴場が残る。
広さ5屐⊃爾1.3屬里海陵畩譴呂い蹐い蹐並腓さに切った珊瑚の石を精密に合わせて作られている。