ソチカルコ Xochicalco

概要

美しい神殿はメソアメリカ建築の代表作
メキシコ・シティーの南75kmにあるモレロス州の州都クエルナバカから、さらに南へ25㎞。

丘の上の遺跡ソチカルコは「花の家の場」という意味を持つ。
丘の頂にアクロポリスがあり、後方広場の復元された「ケツアルコアトル(羽毛の蛇)の神殿」の美しさは、メソアメリカ建築を代表するものの一つ。
神殿の四方にマヤ古典期の彫刻が見られ、保存状態も良く、中央高原に残るものとしては珍しいマヤ彫刻である。球戯場や無数のサクベ(堤道)とトンネル、地下天体観測所 などがある。

コロンブス以前のモレロスでは最大だった居住地で、テオティワカン崩壊後の650年ごろ、マヤのグループに属す。カンペチェを本拠に交易活動をしていたオルメカ・シカヤンカによって築かれた商業の中心地でもあり、彼らによってマヤ文化がモレロス渓谷へ伝えられ、その社会のシステムはのちのコルテカやアステカの社会にも反映された。(参考資料;観光局)